ニュース

スマートマットで医療現場の働き方改革、お手伝いします(看護師さんの負担削減!!)

2020年12月17日

㈱富士ロジテック・ビジネスソリューションズのホームページをご覧頂き、
誠にありがとうございます。

早いもので、12月も半分を過ぎました。今年も残すところ2週間程です。
寒さも一段と厳しくなって参りましたので、皆様、体調にはお気をつけ下さい。


さて、弊社が(静岡県内では唯一)代理店を務めるIoT機器スマートマットですが、
先日メーカーと定例WEB会議を行いました。
スマートマット.png

スマートマットは業種業界問わずお使い頂けるIoT機器ですが、ここ数ヶ月で、
最もお問合せを頂いているのが医療業界
とお教え頂きました。

医療現場では多くのお医者さん、看護師さんが患者さんの為に精一杯に働いて
下さってます。お仕事中は多くの事に気を遣い、気配りして下さってます。
そのお仕事の合間に、在庫品管理も行っています。
医療現場の在庫品とは、マスクや手袋、消毒液などの衛生用品・消耗品、
医薬品、手術用品などの医療機器まで多種多様です。
その多種多様な在庫品の管理を、目視と手作業で行うことで大きな負担と
なっています。
そんな医療現場での在庫管理、発注をスマートマットに置き換え、お医者さんと
看護師さんの負担を減らす
ことを目的に、導入が増加しているそうです。


病院・医療現場での導入事例はこちらをご覧下さい!!
https://smartmat.jp/case/hospital


改めて、スマートマットについて簡単に御紹介します、
スマートマットは在庫の重さを検知して、残量/残数をwi-fiを通じクラウドシステムへ
保存し、管理画面から実在庫の自動記録、確認が可能なIoT機器です。


servise_img_v2.png

①「自動」で在庫の残量を通知 ・・・ 一定の頻度で残量計測。インターネット
                   (wi-fi)経由でクラウドにデータ保存
②「自動」で在庫数の見える化+通知 ・・・ Web管理画面で在庫残量・数を
                   見える化。基準値未満になったらアラートで
                   通知。
③「自動」発注機能 ・・・ メールやWeb発注に対応。タイミング・文面なども簡単に
                   設定。

スマートマットの詳細について、是非概要資料もご覧下さい。
0903_SmartMat_サービス概要A4 縦.pdf


ちなみに、、、
弊社では、現在、お問合せが一番多いのは製造業の御客様です。
在庫品・消耗品管理にIoTを取り入れたい、絶対に切らしたくない部品があるが、
過発注や在庫過多は避けたい、棚卸の工数を削減したい、または廃油や廃水が
どのくらい溜まっているのか把握したい、というお問合せが多いです。
(お問合せ頂いたお客様、ありがとうございます。ご希望に応じデモも実施
致しますので、お気軽にお申し付け下さい。)


今回もIoT機器 スマートマットの御紹介となりましたが、医療現場での導入が
大幅に増えていることに焦点を当ててピックアップさせて頂きました。

お問合せについて
メールか御電話でお気軽に御連絡下さい。
御訪問、又はWeb会議でスマートマットの御説明、簡単なデモも実施可能です。

電話:054-260-7724
メール:mk_egawa@fujilogi.co.jp



今回は以上になります。
今後とも、どうぞ宜しく御願い申し上げます。










 

トップに戻る