ニュース

DX推進にRPA Robo-Pat、SmartMat、LOGI FACE が効果的です!

2021年04月09日

㈱富士ロジテック・ビジネスソリューションズのホームページをご覧頂き、
誠にありがとうございます。

早いもので、4月も中旬となりました。
最近は日中の気温も20度前後の日が増え、過ごしやすくなって参りました。
とはいえ、朝晩と日中の気温差が大きいので、体調にはお気をつけ下さい。


さて、以前にも増してDX(デジタルトランスフォーメーション)について
お問合せが増えて参りました。
聞いた話で恐縮ですが、「DX」の検索数は対前年比1.5倍だそうです。
それだけ、多くの方が気にされている、まさにトレンドワードと言えます。

改めてDX(デジタルトランスフォーメーション)についてご説明致します。
(DX=Digital Transformation ※英語では「Trans」を「X」と訳して表現
されるそうです。それでDXというわけですね。)
意味は「進化し続けるITテクノロジーが人々の生活を豊かにする」となるそう
ですが、これは欧米的な解釈とのことです。
日本では、「データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、
製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、
プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確保すること。」と
発表されているそうです。
具体的にはビジネスのデジタル化、AI、IT技術を取り入れる、RPA等による
生産性向上、業務改善などがございます。

とはいっても、AI、IT、IoT、RPAなど、どこから手を付けるべきか、お悩みの
企業様も多いのではないでしょうか。


そのような時世とも相まって、弊社が代理店販売している
・RPA Robo-Pat
・IoT機器 SmartMat
お問合せが増えております。
ここ最近では特に、静岡県外の御客様からのお問合せが多くなっております。
御訪問とWeb面談で対応させて頂いております。

RPA Robo-Pat、IoT機器 SmartMat 共に業種業界を問いませんし、使用方法も
分かりやすく、導入までのハードルが低くなっております。
(今回は商品詳細については割愛させて頂きます。御興味のある方は、お手数ですが
本ページ右側「最近のニュース」欄にある「DX推進に役立つ RPA Robo-Patと
IoT機器SmartMat」をクリックして下さい。)


更に、Robo-Pat と SmartMat を両方試してみたい、といった御相談や、
弊社の開発しているタブレットを使用したピッキング・検品システム
LOGI FACEシリーズとRobo-Patを一緒に説明して欲しい、といった御相談を
頂くことが増えて参りました。
例えば、
・SmartMatから出力できる1日分の在庫の上限を、Robo-Patを起動し
 データ収集対応し、決めたフォルダへ保管する。
・LOGI FACE で検品したデータを出力し、基幹システムと付け合わせする
 手作業を、Robo-Patで自動化したい。
・SmartMatから届くメールでRobo-Patを起動し、データ収集を行いたい。
などなど、私達も興味深い用途で御相談頂く事がございます。

この様なお問合せは大歓迎です。
在宅ワークが増加する昨今、作業現場や事務所での御仕事を効率化出来る
Robo-PatやSmartMat について、是非御検討頂ければ幸いです。
詳細説明、現場トライアル承ります。
まずはお気軽にお声掛け下さい。


どうぞ宜しくお願い申し上げます。


LOGI FACE 文字のみ.png

logo.png

smartmat.png
 

トップに戻る